携帯電話を買取してもらう

不要になった携帯電話を買取しているところもあります。まずは、機種によって相場があるので高額になることは少ないのですが、発売されてから一年以内だと結構いい金額になることもあります。iPhone6SPlusの16ギガバイトでは7万円近くまで値段が付くこともあります。もちろん、端末の状態や相場によって違いますが、付属品があるとその分値段もよくなります。最近は、店舗での買取以外にもインターネットで申し込みをして送ることで査定をしてもらうことができます。その後、金額に納得すれば振り込みがあり売買契約が完了します。そして、実際に売るときには、箱を含めた付属品などを準備するほか、データの消去をする必要があります。そのまま転売をするということは少ないですが、個人情報が入っているため初期化が必要です。そして、電子マネーなどを使っていた場合には携帯ショップで情報の消去をしてもらう必要があります。

携帯電話の買取をお願いする前の準備

携帯電話に入っている大事なデータ、買取してもらってから気付いても遅いです。買取が完了してしまうと所有権はお店側に移ってしまうからです。基本的には初期化してからお店に持って行くと思うのですが、お店側で初期化してくれるからいいやという考えで、そのままの状態で持って行く方もいらっしゃいます。お店側の人が信用出来ないというわけではないですが、なるべくもしもの時のことを考えて初期化はご自身でしておくことをオススメします。また、大事なデータは買取前に取り出して他の携帯やipodなどにバックアップを取っておくべきです。初期化してしまってからではデータが取り戻せなくなり、記念に撮った写真とかだと失った時のショックが大きいです。不要になった携帯電話を売ってお金の足しにするのは個人の自由ですが、大事な写真やテキストデータなどは最終確認を怠らないようにしましょう。

携帯電話買取について

長い年月使っていた古くなった携帯電話などを買い取ってもらう人が最近増えてきました。なぜそのような人が増えてきたかというとやはりガラパゴスケータイからスマートフォンに乗り換えるためにそういった携帯を買い取ってもらうそうです。携帯電話の買取は主に専門の店が行っていてインターネットを利用する人も多いそうです。自分もそういった専門の店を利用したことがあり多くの数のケータイを買い取ってもらった記憶があります。値段は決まってなく、年代の新しいものが高くなる傾向があります。気になる方やこれから携帯を乗り換えようと思っている人がいましたら近くにそういった専門店があるか調べて見て、買い取ってもらったらいいんではないかなと思っています。そして自分ももしそういった携帯がでてきたら専門店で買い取ってもらいたいなと思っています。